こんにちは!
スタイリングサロン悠里です。

景気とファッションは深く関係している
と言われています。

景気が良くなると鮮やかな色が流行り、
不景気になると落ち着いた色が流行る
のは有名なお話。

新型コロナウィルス感染症は
ファッションにどのような影響を与えたか?

私なりに考えてみました。

去年までと比べると
ややビビッドな色が流行しかけていました。

オリンピックによる
景気の高まりの期待値が
あったのだと思います。

感染症が流行りだしてからは
明るく、くすみの入った色が全体的に多く、
ビビッドな色は少ない傾向。

リップをビビッドな色にする流行も
マスクの影響で少し弱まりそうですね。


需要が高まっているのは

リラックスウエアです。

パジャマやワイヤーなしのブラなど
お家にこもるためのアイテムを揃えている
方が多いです。

景気が悪くなると、
女性のヒールが高くなるとも言われています。

しかし、
リラックスムードが高まり
ヒールが今までより高くなることはなさそう
と私は予想しています。

パーソナルカラーがスプリングの私としては
ビビッドな色が流行ってくれた方が良かったな~

また、
リラックス感のある服装にやや飽きてきたので、
きれい目なスタイルを取り入れていきたいです。


なんにしても
コロナの感染拡大が少しでも早く
おさまることを願っています。

先の日程でもご予約可能です。
パーソナルカラー診断や骨格診断、
タロット占いなどメニューを多数ご用意しております。